新モンブリラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブライトリングの歴史の中で、モンブリランという名前は、きわめて特別な時と場所を思い起こさせます。ブライトリング初の本格的なクロノグラフの工場をラ・ショードフォンの町を見下ろすモンブリランという場所に建設したからです。

クロノグラフのリセットボタン機構や、1942年に発表された回転計算尺など、ブライトリングが開発した数々のイノベーションは、このモンブリランの地で生まれました。モンブリランの精神は、当時のスタイリングを継承した、機械式クロノグラフとしていまも息づいています。ドーム形ガラスと文字盤、およびクラシックな回転計算尺を装備したモンブリランは、まさにブライトリングの代表作です。

キャリバー:ブライトリング41

前作

ブライトリング モンブリラン