スピリット・オブ・ブライトリング名古屋 by TANAKA

東海地区最大級のブライトリング・コンセプトショップ スピリット・オブ・ブライトリング名古屋「TANAKA久屋大通店」からブライトリングセールスマスター&ブライトリングメカニカルクロノグラフマスターが発信中です。ブライトリングはもちろん機械式時計全般について分かり易さ重視の投稿を心掛けてまいります。

スピリット・オブ・ブライトリング 名古屋 by TANAKA

February 2008

ブライトリング・スイス本国HPのご案内


                     ブライトリングforベントレーコレクション詳細はコチラ

 

ブライトリング本社のホームページご覧になったことありますか?
(真っ白になってご覧いただけない方は画面上で右クリック
 エンコードで西ヨーロッパ言語をお選び下さい。)

こんな格好いいオープニング動画で始まります。

このサイトでぜひGETしていただきたいのが、

ブライトリングワールドタイム

 

 

 

 

 

 

 

「ブライトリングワールドタイム」というフリーソフトです。

ダウンロードはこちら

http://www.breitling.com/scripts/php/download.php?url=/multimedia/docs/2005/11/bwt.zip&lang=en

 

英語のソフトですが、直感的に操作出来るので問題なくお使いいただけると思います。

フォルダの中のセットアップをダブルクリックしてインストール開始です。

月齢、日の出日の入り時刻、カレンダー、ワールドタイム、電卓、通貨換算、単位換算、時間換算などが出来る優れものです。

かなり遊べますので、ぜひお試し下さい。

 

                私のもう一つのブログ「時計屋LIFE take2」も是非ご覧下さい。

2月29日の秘密


                     ブライトリングforベントレーコレクション詳細はコチラ

 

間もなく、4年に一度の2月29日がやってきます。
(この話題はきっと他のブログと内容がかぶると思いますので一日早く失礼します。)

この4年に一度やってくる閏年。

この閏年には複雑な法則が存在します。

     「グレゴリオ暦」

これは1582年に制定された暦で、現行の太陽暦として世界各国で用いられています。

日本では、明治5年から採用されています。

 

グレゴリオ暦の法則は・・・

平年は1年を365日とし、4年ごとに閏年をおいて366日とする。
(ここまでは皆さんもよくご存じだと思います。)

しかし、閏年の中でも西暦の年数が100で割り切れる年は閏年をやめる。
(2100年、2200年、2300年)

さらに、西暦の年数が400で割り切れる年は閏年をやめることをやめる。(つまり閏年とする)
(2400年、2800年)

グレゴリオ暦は、コペルニクスが算出した「1年は365.2425日」という数値に合わせて決められた暦です。(正確な地球の公転日数は365.2422日?だったと記憶しておりますがいろんな説があるようです。)

400年は、(365日×300年+366日×100年)-3日=146,097日
一年あたりは、146,097日÷400年=365.2425日

 

今から8年前の2000年は100で割り切れる「閏年をやめる年」ではなく、400で割り切れる「閏年をやめることをやめる年」だったのです。

そんな400年に一度の貴重な年に我々は存在していたと思うと、

ちょっと嬉しい気持ちになりますね。

今回は閏年の2月29日についてのお話でした。

オマケ
閏年の調整がなぜ2月に行われるのか疑問に思ったことありませんか?
これは、昔の一年の始まりが3月であったという説が有力なようです。一年の最後に帳尻を合わせていたという単純な理由なんですね。

 

                私のもう一つのブログ「時計屋LIFE take2」も是非ご覧下さい。

ブライトリングforベントレーコレクションの楽しみ方


                     ブライトリングforベントレーコレクション詳細はコチラ

 

今週末、3月1日(土曜日)から始まります「ブライトリングforベントレーコレクション」での楽しみ方を一つ提案させて下さい。

それぞれのモデルが完璧にデザインされたベントレーシリーズ。

ブライトリング ベントレー モータース

正面から時計を眺めているだけではもったいないです。

是非、こだわりのケースバックの仕上がりをお手にとってご堪能下さい。

f0215002.jpg
fba43a63.jpg

 

 

 

 

 

 

 

c5b89d58.jpg
d9dcd516.jpg

 

 

 

 

 

 

 

a7fc5dec.jpg
3bf9a176.jpg

 

 

 

 

 

 

 

4b39f945.jpg
09500b9d.jpg

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの裏蓋の完成度の高さには、職人達の魂や思いを感じていただけると思います。

他にも文字盤やアワーマーカー、ムーブメントの独自性など細かい所に一ひねり隠されています。

「さすがベントレーシリーズ! ココが違う!!」

ご自身で何か発見出来たとき、すでに心を奪われていることでしょう。

全モデルが店頭に集結するこのイベントは3月16日(日曜日)まで開催しております。

 

                私のもう一つのブログ「時計屋LIFE take2」も是非ご覧下さい。

ブライトリング検定についての反省


                     ブライトリングforベントレーコレクション詳細はコチラ

 

昨日投稿のブライトリング検定。

常連のお客さまには、お陰様で好評を頂いております。

しかしながら、猛反省しました。

 

昨日ご来店頂きましたお客さまに・・・

「下前さん、ブライトリング検定難しすぎるよ。」

とご指摘を受けました。

その方には、全く悪意はありません。

最近ブライトリングユーザーいになって頂いた方の素直な気持ちを表現して頂いただけです。

 

ハッとさせられました。

無意識のうちに常連の方寄りのブログになっていました。

不特定多数の方に見ていただいているという気持ちが薄れていたことを気付かせていただきました。

きっと同じお気持ちの方が大勢いらっしゃったことでしょう。

初心に戻らねば・・・と大収穫と感謝の一日でした。

これからも、皆さまからのご指摘どんどんいただけたら幸いです。

今後ともよろしくお願いします。

 

                私のもう一つのブログ「時計屋LIFE take2」も是非ご覧下さい。

ブライトリング検定 第5弾 プロフェッショナル編


                     ブライトリングforベントレーコレクション詳細はコチラ

 

検定シリーズの5作目が完成しました。

今回はエアロスペースやエアーウルフなどの「プロフェッショナルライン編」。

このシリーズは一番マニアックなラインですから、難易度少し高めです。

是非チャレンジしてみて下さい。

 

 

                私のもう一つのブログ「時計屋LIFE take2」も是非ご覧下さい。

instagram


インスタグラム随時UP中

Shop Information
Archives
Recent Comments