ブライトリングフェア

 

 

 

 

 

先ほど、テレ朝の「報道ステーション」を観てましたら、

ツインリンクもてぎで11月2日~4日まで行われた航空イベント

”オートボルテージュ”アエロバティックス 日本グランプリ

オートボルテージュ

 

 

 

の特集が放送されていました。

ご覧いただいた方も多いのではないでしょうか?

このオートボルテージュという大会は、コンパクトで卓越した運動性能を持つ競技専用機で世界トップクラスのパイロットが音楽に合わせながらアクロバット技術を競い合います。

次々と繰り出すテクニックは、時に常識を超えた動きさえ見せながら、フィギュアスケートのようにエレガントでダイナミック。

選ばれたパイロットのみが参加できるトップレベルの大会です。

Extra 300S

 

この大会に日本人として初出場を果たした

室谷さん

 

 

「室谷義秀さん」

 

 

の腕に巻かれていた時計にはしっかりブライトリングのロゴが入っていましたね。

チラッとしか映らなかったですが、

クロノスペース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロノスペースのように見受けられました。

改めて、「プロが選ぶ計器 ブライトリング」というものを実感したところです。

この競技に参加するパイロットが飛行中にかかるGは

なんと10G!!

通常の10倍の重力を受けるそうです。

常人にはとても耐えられない過酷な環境です。

日頃からの厳しいトレーニングを強いられる厳しい世界ですね。

室谷さん、これからも応援してます!