ナビタイマー、モンブリラン、コスモノート、エアーウルフなどに搭載されてる「回転計算尺」。

ブライトリング ナビタイマー

「このシリーズ持ってる!」という方。

ご購入の際は、ちゃんとお取り扱いの説明を受けましたか?

計算尺は飾りではありません。

パイロットだけが使用するものでなく、一般の方々も使って頂ける便利な機能であると言うことをご説明いたします。

ご存じのかたも多いでしょうが、おさらいとして読んでみて下さい。

ブライトリングの回転計算尺は、あらゆる比例計算はもちろん、フライトプランの作成を始め航空航法に必要なすべての計算が可能です。

もちろん、日常の計算にも広く活用することができます。

燃費、上昇・下降速度、平均速度、距離単位の換算、通貨の換算など、使用法はとても簡単です。

乗除計算を連続して実行することができるため、どのような比例計算も1回の操作で行うことができます。

まずは、プロっぽい使い方で単位の換算から。
①1800法廷マイルをキロメートルもしくは海里に換算
①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外周・目盛の18  (=1、800法定マイル)を内周目盛のSTATに合わせます。
そのとき内周目盛のKMに対応する外周目盛の数値を読めば、29(=2、900キロメートル)が求められ、
また内周目盛のNAUTに対応する外周目盛の数値を読めば、15.6  (=1、560海里)が求められます。

次は割り算の応用です。
②下降速度から滞空可能時間を求める(比例計算)
②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グライダーが高度3、300メートルで滑空している時、下降速度が毎秒1メートル(毎分60メートル)でした。
何分間滑空を続けることができるでしょうか?

解答は、外周目盛の33(=3、300メートル)を内周目盛の60(=毎分60メートル)に合わせます。
そのとき内周目盛の▲10に対応する外周目盛の数値を読めば、55(分)が求められます。

上のように書いてしまうと難しそうなんですが、
6人で居酒屋に行きました。
お会計は33,000円です。
割り勘すると1人あたり5,500円ということと同じです。
もしくは、
330Km走ったクルマに60リットルのガソリンを入れた場合の燃費は、
5.5km/リットルになるのと同じです。

最後は、掛け算の応用で海外旅行に便利な機能です。
③お買い物時の通貨の換算③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

航空関係の計算以外にも、2つの通貨間に一定の交換レートを適用した場合の両方向の換算なども、あらゆる金額について一瞬で表示することができします。
例えば1US$=110円だとすると、外周且盛の11(=110円)を内周目盛の▲10に合わせます。
内周目盛の数値40 (US$)に対応する外周目盛の数値を読めば44( =4,400円)が求められ、
外周目盛の数値80( =8,000円)に対応する内周目盛の数値を読めば73(US$)が求められます。
(掛け算:11×4=44の応用です。)

ヨーロッパへお出掛けの時は、1ユーロが160円であれば外周且盛の16(=160円)を内周目盛の▲10に合わせます。

このように、計算尺は私たちが生活する上で普通に使って頂ける機能です。
ジャンジャン使ってあげて下さい。

最後にもう一つおまけ。
お客様からよくご質問がある「コスモノート」の
ブライトリング コスモノート

1:10とか3:30と表記されている部分の使い方です。

④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

210分=3時間30分、
9時間=540分、

などの換算にご利用出来ます。

 

                私のもう一つのブログ「時計屋LIFE take2」も是非ご覧下さい。