年も明けて、ずいぶん寒くなってきましたねぇ。

ブレスレットの時計を腕にすると・・・ヒヤッ!としませんか。

この季節は革ベルトにチェンジする方も多いと思います。

そこで、この話題をお届けいたします。

 

昨年11月、TANAKAで行ったイベントの中で革ベルトのお手入れやカラーリングをお客様の前で実演するというブースを設けました。

東京から靴磨き職人の方をお招きしたこのコンテンツは大変盛況でした。

この内容を弊社丸の内店、スタッフ加藤がYOU TUBEにUPしてくれました。

力作です!

彼が担当しているパネライのブログ用に作成した動画ですのでタイトルやサンプルのベルトはパネライとなっていますが、ブライトリングユーザーの皆さまにもお役に立てていただけると思いますので是非ご覧下さい。

彼のブログにも書いてあるのですが、以下のポイントが重要だそうです。

<お手入れのポイント>

・クリームは乳化性を使用すること!!(ロウ成分が入っているものはNG)

・指で塗りこむと良い!!(指の体温でクリームが浸透しやすくなるらしいです。)

・裏側は薄く塗る事!!

・乾いた布で、表面に残ったクリームを完全にふき取る事。

・1回だけではなく、なるべく2回3回と繰り返し行うと良い。

・クロコ(アリゲーター)の場合は斑(筋・柄)には念入りに!!

 

注)これらの内容はメーカーが推奨しているわけではございませんので、チャレンジしてみたいという方は、あくまでも自己責任でお願いいたします。

時計同様、革ベルトも愛着を持っていただき皆さまの腕時計ライフのお役に立てていただければ幸いでございます。